金属床義歯|福山市 なかむら歯科クリニック

なかむら歯科クリニック twitter なかむら歯科クリニック facebook

NAKAMURA DENTAL CLINIC 皆様最幸(さいこう)の人生を送るために、健口(けんこう)と口福のお手伝いをします。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-084-982
金属床義歯
はじめての方限定 かんたん24時間予約
メディア出演
日本の歯科100選に選ばれました
認定書PDF画像
池田ドクター紹介
山本ドクター紹介
土屋ドクター紹介
Clinic Information
Medical Information
精密義歯・入れ歯専門サイトはコチラ
アンケート公開
診療カレンダー
各種問い合わせ
facebook
おすすめデンタルケアグッズ
福山の歴史

金属床義歯の種類について

(1)レジン床義歯 (保険適応)

人工歯も含め、全体がプラスチックでできています。強度を確保するため、どうしても厚みが必要になります。平均、1.7~2.4mmは厚みが必要となるため、ある程度の違和感が避けられません。

 

適合もレジンの特性上、金属床にくらべると不利になります。一方で、修正が簡単にできるので、歯を抜いて間もなく歯ぐきの状態が安定していない場合などはレジン床の利点が生かされる場合もあります。

 

(2) 金属床義歯 (一部保険適応)

上あごの部分が金属でできています。金属は強度が高いため、薄くできるのが最大の利点です。温度の変化もレジン床に比べると感じやすく、薄いためしゃべるときの違和感も少なくなります。

 

最近はチタンという金属を用いた義歯もあり、さらに軽い義歯を作ることができるようになりました。特定療養費という制度によって、治療費の一部が保険から支給されます。

 

金属床義歯料金について

金属床(Co-Cr) 324,000円
金属床(チタン) 378,000円
金属床(白金加金)  758,000円

 

金属床総義歯の特徴

「金属床総義歯」とは総義歯(総入れ歯)の顎の部分を覆う床の部分に金属を使用したものです。

 

使用する金属の種類には、コバルトクロム合金、チタン合金、白金加金などがあります。

 

通常の保険の義歯(プラスチック製)と比べて強靱で割れにくく、床がうすいため口の中での異物感が少なく、熱を伝えやすいなどといった快適性に特徴があります。

 

製作するのには熟練した技術が必要で、高価な材料を使用するため残念ながら健康保険の対象外となり、患者さんの負担も大きくなります。

 

患者さんの歯ぐきなどの状態によっては金属床総義歯が適さない場合がありますので、事前に歯科医師とよく話し合ってください。

 

レジン床義歯と金属床義歯の比較

「床」の違い

保険診療ではレジン床、自費診療では金属床といった入れ歯が利用されますが、この「床」という言葉、入れ歯の土台となる部分を指しています。

 

この床をレジンで作るか、金属で作るかが、二つの入れ歯の大きな違いとなります。

 

上の写真はレジン床(右)と金属床(左)を比較するための模型です。入れ歯中央の片側の部分が「金属床」にあたります。

こちらはその厚みを比較したものです。レジン床では1.7mm~2.4mm程度、金属床では0.4~0.6mm程度。