静脈内鎮静法|なかむら歯科クリニック|無痛治療

なかむら歯科クリニック twitter なかむら歯科クリニック facebook

NAKAMURA DENTAL CLINIC 皆様最幸(さいこう)の人生を送るために、健口(けんこう)と口福のお手伝いをします。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-084-982
治療が怖い方へ
はじめての方限定 かんたん24時間予約
メディア出演
日本の歯科100選に選ばれました
認定書PDF画像
池田ドクター紹介
山本ドクター紹介
土屋ドクター紹介
Clinic Information
Medical Information
精密義歯・入れ歯専門サイトはコチラ
アンケート公開
診療カレンダー
各種問い合わせ
facebook
おすすめデンタルケアグッズ
福山の歴史

〜不安や緊張を感じることなく、治療が受けられます〜

インプラントや親知らずの抜歯など手術が必要な治療に対しては、ひときわ恐怖心が強くなってしまいます。そのため治療に踏み切れず、不自由な思いをしている患者さんも少なくありません。そんな方々に使用して頂きたいのが、静脈内鎮静法です。


実際に受けられた患者さんは、「辛い、苦しい、しんどいなどの苦痛を感じないうちに治療が終わってしまった」という方がほとんどです。


【静脈内鎮静法はこんな方にオススメ】

  • ・歯科治療が本当に嫌いな方や、歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)
  • ・お口の手術を受ける方(インプラント、親知らずの抜歯、歯周病の手術など)
  • ・短期間でも早く治療を終わらせたい方
  • ・お口の中に物が入ると「オエッ」となる嘔吐反射の強い方

〜点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になります〜

静脈内鎮静法は、精神安定剤を静脈に点滴していく方法です。使用する精神安定剤は数種類を組み合わせます。


点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます。体が温かくなってきて、ちょうどいい湯加減の温泉に浸かっているような、あるいは、快適なベッドの中でぬくぬくまどろんでいるような感じになります。


その後、1〜2分もすると眠気が強くなってきて、ついには眠ってしまいます。患者さんによって、あるいは状況によっては意識を残すこともあります。

当然ながら、治療に伴う痛みや不快な音などは、気にならなくなり、いつの間にか治療を終えてしまうといった状態になります。術中のことを全く覚えていない患者さんも少なくありません。


意識を残した場合は、声をかけられればちゃんと反応します。うとうと眠ってはいるけれど、答えることができるというわけです。

〜静脈内鎮静法の流れについて〜

【1】まず、全身状態を把握するため、モニターを装着します。
静脈内鎮静法は、様々な薬剤を投与して行うため、その変化をモニタリングする必要があります。 そのため、まず、血圧計、心電図、パルスオキシメーター(血中酸素分圧計)などの生体管理装置を装着します。
こうすることで、術前、術中、術後の全身管理を円滑に行うことができ、患者様へより安心、安全、確実な医療を提供することができます。

【2】次に、静脈から点滴をします。
生体管理装置の装着が終わった後、静脈から点滴を開始します。場所は主に腕ですが、患者様によっては手の甲など他の部位に行う場合もあります。
点滴をする際の静脈注射に対する痛みを完全になくすことはできませんが、使用している注射針が細いため、「注射が怖い」という患者さんでさえ、さほど辛くないということがほとんどです。

【3】点滴がスムーズにいっていることを確認できた時点で、精神安定剤を注入。
点滴がスムーズにいっていることを確認できた時点で、精神安定剤を注入していきます。薬品の量は患者様の様子を見ながら、調節していきます。
その際、患者様の「歯科治療への恐怖の度合い」によって、完全に眠った状態にするか、軽く受け答えのできる状態のいずれかにします。

【4】その後、必要に応じて局所麻酔を行います。
患者様が完全に痛みなどを感じなくなったことを確認した後で、必要に応じて局所麻酔を行います。笑期吸入鎮静法と同じく、静脈内鎮静法も麻酔効果は得られないためです。
治療がスタートした後も、患者様の心拍や血圧などのデータをリアルタイムでチェックしながら、万一の場合に備えます。たとえ患者様の状態が急変しても、対応できるような準備を万全にしておくのです。


〜静脈内鎮静法を行う場合の注意点〜

静脈内鎮静法を行うと、術後、眠気やふらつきなどが生じます。 そのため、「車や自転車の運転を控える」、「患者様の様子を的確に把握するために、口紅やマニキュアをとって頂く」、「当日は帰宅後も安静にする」など、いくつかの注意事項があります。翌日からは普段通りに生活して頂いて、全く問題ありません。


静脈内鎮静法では原則的に、自費治療になります。
保険診療は極めて細かいルールが決められています。歯科で使える薬剤・材料や歯の治療にかかる回数や期間など、制限が多くあります。ですから、保険のルールに当てはまらないケースばかりになりますので、自費診療となります。

静脈内鎮静法料金一覧
静脈内鎮静法施行技術料 20,000円(税抜き)
生体監視料 10,000円(税抜き)
その他 薬剤料(別途)
生食 113円(税抜き)
ミダゾラム 75円(税抜き)
アネキセート 3,009円(税抜き)
プリンペラン 57円(税抜き)
アトロピン 93円(税抜き)
インデラル 95円(税抜き)
オルガドロン 161円(税抜き)
アセリオ 332円(税抜き)
ロピオン 239円(税抜き)
フルマリン 1,712円(税抜き)
ダラシン 601円(税抜き)


各種虫歯治療料金(材料費・技術料含)
CR充填
(プラスチックの詰め物)
隣接面を含まないもの 5,000円(税抜き)
隣接面を含むもの 7,500円(税抜き)
根管治療(根っこの治療) 1根管につき 10,000円(税抜き)
コア 各補綴物により、料金は異なります。
最終補綴 各補綴物により、料金は異なります。
埋伏歯抜歯術 15,000円(税抜き)
単純抜歯術 5,000円(税抜き)