当院にて歯科治療を受けて頂く際の患者様へのお願い|福山市の歯科 歯医者

なかむら歯科クリニック twitter なかむら歯科クリニック facebook

NAKAMURA DENTAL CLINIC 皆様最幸(さいこう)の人生を送るために、健口(けんこう)と口福のお手伝いをします。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-084-982
当院にて歯科治療を受けて頂く際の患者様へのお願い
はじめての方限定 かんたん24時間予約
メディア出演
日本の歯科100選に選ばれました
認定書PDF画像
池田ドクター紹介
山本ドクター紹介
土屋ドクター紹介
Clinic Information
Medical Information
精密義歯・入れ歯専門サイトはコチラ
アンケート公開
診療カレンダー
各種問い合わせ
facebook
おすすめデンタルケアグッズ
福山の歴史

大人の治療を行う際の当院からのお願い

『忙しくて歯医者に来る時間がないので、すぐに詰めちゃってください』
『お口のそうじに何でそんなに時間をかけるの?』
『歯石はいつも1回で取ってもらっていたのに、簡単に出来るはずだ!』

 

このような患者様が時々いらっしゃいます。
私たちはそんな時に 『ウルトラマン』 を思い出します。

 

私たちは 『ウルトラマン』 になりたいと思っています。恐ろしい怪獣をババッとやっつける、あの 『ウルトラマン』 です。

 

例えば、街 (お口の中) 怪獣 (バイ菌) が暴れていたとします。どんどん建物 (歯や歯ぐき) を壊していきます。

これはやばいってことで、地球防衛軍 (自己防衛とお口の免疫) が怪獣にミサイルを撃ち込んで応戦しますが、あまり効き目があいません。

 

ああ、困った、もう終わりだ!って時に、 『ウルトラマン』(歯医者) が現れます。やった~!ウルトラマンが怪獣をやっつけてくれる!助かった!って皆がそう思ってホッとしているのもつかの間、ウルトラマンは怪獣そっちのけで、倒れた建物を一生懸命に建て直し始めたのでした。


『お~い、怪獣をやっつけてくれるんじゃなかったのか!』

 

怪獣は喜んでまた建物を破壊し始めました。ウルトラマンは泣いています。
皆ガッカリしました。こんなウルトラマンいらないですよね。チャンネルを変えますよね。


バイ菌のコントロールを放置して、虫歯の治療を進めていくのは、このウルトラマンと同じことなんですよ。私たちはこんなウルトラマンにはなりたくありません。

 

『もし、私たちが怪獣に立ち向かう勇気のあるウルトラマンになれたとしても、怪獣が強い時は一回の攻撃でババッとやっつけられないこともあるのですよ。
それだけ、あなたの怪獣 (お口の中のバイ菌) は強くてしつこいのです。』

 

ウルトラマン(歯医者)と怪獣(バイ菌)と街(お口の中)の関係から、分かって頂けたと思うのですが、虫歯や歯周病になるには原因があります。

 

「何が原因でその歯が虫歯や歯周病になったのか」・・・もう一度よく考えてみて下さい。 歯の治療を早く済ませたいという思いは皆様に共通のお望みでしょう。
 
しかし痛みがとれて、そこが金属などで修復されると、それで治ったものと安心しがちだと思いますが、実はここからが大事なのです。

 

当院では、その原因についてよく分析することから治療を開始したいと考えています。 
(もちろん痛みなどの緊急処置については速やかに行います)

 

したがって多くの場合、患者様にとって短期的な目先の利益よりも長期的な利益を考えると、比較的早い段階で、生活のご指導やブラッシングのトレーニングをさせていただくため、他の歯科医院にくらべて、治療期間が長くなる傾向にありますが、どうぞご了承ください。

 

生きている木と枯れ木の寿命を比較すると分かるように、生物と無生物では、たいてい生きている方が長持ちします。

歯も同じで、神経をとってしまうと、天然の歯とくらべて、どうしても寿命が短くなります。


さらに言えば、「歯は削れば削るほど寿命が短くなる」といっても過言ではありません。

 

ですから歯をできるだけ削らなくてすむように、早期発見と予防のための定期健診予防歯科治療の実施を福山市 なかむら歯科クリニックでは行っています。

 

お子様の治療を行う際の当院からのお願い

初めて当院に来て下さる、また初めて歯医者に来て下さるお子様に対して当院からのお願いがあります。

お子様のお連れの保護者の方から、
『子供の治療回数を少なくして欲しい、出来るだけ早く治療をしてほしい』
と、しばしばお願いされる事があります。

 

歯医者は、お子様だけに限らず、大人の方でも、苦手な方が多くいらっしゃいます。大人の方の治療でしたら、話をして理解して頂けましたら、すぐにでも治療に取り掛かる事が出来ます。


しかし、お子様の場合でしたら話をして理解して頂く前に、まず『歯医者に慣れてもらう事』からが治療のスタートになります。

 

院長の私の実体験ですが、幼少時代から鼻に疾患があり、度々『耳鼻科』に通院していました。そして、通院の度に某耳鼻科の看護婦さんに抑えられ、治療を受けていました。その為、幼少時代には『耳鼻科』に対する【トラウマ】が鮮明に残り、成人に達する年齢ぐらいまで、『耳鼻科』に対して苦手でした。 

 

歯科でも同じ経験をされた方は、多いのではないでしょうか?

 

治療回数を少なくし、歯科治療を急ぐあまり、歯科に対してお子様に【トラウマ】を作ってしまうと、結果、小さい虫歯が出来た時、早期発見、早期治療であれば、簡易的に済む治療にも関わらず、「歯医者には行きたくない」と、お子様の心の中に歯医者に対する恐怖心を植え付けてしまう事に繋がります。

 

そして虫歯は次第に大きくなり、痛みに耐えきれず、再び歯科を受診する事になり、恐怖心を増大してしまう事になり、【負のスパイラル・悪循環】になりかねません。

 

そこで当院を受診して頂けたお子様に対しては、短期的な視点よりも、そのお子様に対して長期的な視点で見据えて、緊急処置を除き、治療の第一歩は、『歯医者に慣れてもらう治療』から開始します。

 

通院には時間と回数がかかりますが、お子様をお連れの保護者の方にはご理解とご協力をお願いします。