マタニティー歯科|なかむら歯科クリニック|福山市の歯科 歯医者

なかむら歯科クリニック twitter なかむら歯科クリニック facebook

NAKAMURA DENTAL CLINIC 皆様最幸(さいこう)の人生を送るために、健口(けんこう)と口福のお手伝いをします。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-084-982
マタニティー歯科
はじめての方限定 かんたん24時間予約
メディア出演
日本の歯科100選に選ばれました
認定書PDF画像
池田ドクター紹介
山本ドクター紹介
土屋ドクター紹介
Clinic Information
Medical Information
精密義歯・入れ歯専門サイトはコチラ
アンケート公開
診療カレンダー
各種問い合わせ
facebook
おすすめデンタルケアグッズ
福山の歴史

妊娠中の方で、当院で歯科治療を受けようとお考えの方へのお願い

  • 当院は予約優先で歯科診療を行っています。予約のお電話の際には、必ず「妊娠中」である事をお伝え下さい。
  • 妊娠されている方は、事前に産婦人科の主治医の先生に、歯科治療を行う旨をお伝え下さい。その際には、以下の事が可能であるか?事前にお聞き下さい。
    (1) 歯科レントゲン撮影
    (2) 歯科麻酔 
    (3) 投薬治療

 

妊娠中の方へ

妊娠中は、それまで小さかった虫歯が大きくなり、歯ぐきが腫れやすくなります。


それは妊娠することで女性ホルモンのバランスが変化し、“つわり”などで歯磨きが十分出来ない理由から起こります。

 

妊娠すると増える女性ホルモンを利用して、歯周組織の炎症を引き起こしやすくする細菌がいるといわれています。様々な視点から研究がなされていますが、不明な点も多いようですが、女性ホルモンを利用して増殖する細菌の数が増しますと、歯周組織の炎症を引き起こすことは確かなようです。

 

“つわり”がひどくて歯磨きできない。妊娠初期ではこのような妊婦さんが多くいらっしゃいます。歯ブラシを口の中に入れたことで吐き気を誘発してしまい、ブラッシングができなくなってしまう傾向にあります。極端な例では歯ブラシを想像しただけでも嘔吐してしまう方もいらっしゃるようです。

 

ご存知かと思いますが、お口の病気は虫歯・歯肉炎・歯周病などが大半を占めます。そしてその原因になっているのはプラーク(細菌とその代謝産物のかたまり)です。歯磨きによってこのプラークが除去できないことが虫歯・歯肉炎・歯周病につながります。

 

妊娠中に歯科治療をした方がよい理由とは?

なぜ妊娠中に虫歯の治療をしないといけないのか?

それは赤ちゃんの虫歯予防をするためには、妊娠中からのお母さんの虫歯予防が非常に重要だからです。

実は生まれたばかりの赤ちゃんの口のなかには虫歯を起こすバイ菌はほとんど見つかりません。虫歯は細菌が感染して起こる病気ですから虫歯菌がないと虫歯は決して起こりません。

ではどこから虫歯菌はやってくるのでしょうか?それは多くの場合、育児をされる
お母さんにお口の中の虫歯菌が赤ちゃんに移っているのです。
「虫歯菌が移る?」 

「はい、移ります!」

驚かれる方が多いと思いますが、これが事実で現実です。

それなので妊娠中から虫歯菌が母子感染しないように母親になる方に虫歯予防の指導を行っています。

ただし、妊娠時期・口腔内の症状によって歯科治療内容が違ってきますので、詳しくは歯科医師より説明を受けて下さい。

虫歯菌の母子感染を防いで子供の虫歯をゼロにしましょう。

 

妊婦の方へのアドバイス

其の一
“つわり”がひどくてブラッシングがしにくいときは、補助として積極的に「マウスウォッシュ(洗口液)」を使いましょう。

 

其の2
唾液中には殺菌作用のある酵素が含まれています。砂糖ではなく“キシリトール”入りのガムを時々咬んで、唾液の分泌を促進するとよいです。
但し、“キシリトール”の含有量が多いガムをおすすめします。“キシリトール”の含有量が少ないガムは、“水あめ”等の不純物が多いため、かえって虫歯増加の傾向にありますので、注意が必要です。

“キシリトール”のマメ知識

“キシリトール”はいかなる生物もエネルギーに変換する事の出来ない物質であります。


“キシリトール”の食べ過ぎで、お腹を下した経験の方もおられると、思います。この理由としては、“キシリトール”は体で吸収する事が出来ない為に、便として排出されるからです。


つまり、“キシリトール”は虫歯・歯周病菌にとっても代謝することが出来ないために、菌に対して栄養失調となり、数を減らせることが出来ます。
また、近年の研究により“キシリトール”は虫歯・歯周病菌の増加抑制作用もあることが分かってきました。

 

其の3
妊娠後期の妊婦さんは食事や間食の回数が増える傾向にあります。デンタルフロスや、歯間ブラシを積極的に使用しましょう。

 

其の4
出産までにお口の病気を治すには早期発見・早期治療が欠かせません。自覚症状がなくても、ぜひ定期健診を受けてください。

 

其の5
歯と骨の丈夫な赤ちゃんを出産するために必要な食べ物がこれです。好き嫌いもあることでしょうが、できるだけバランスよく摂取しましょう。

カルシウムを多く含む食品(食材100g中のカルシウム量)

乳製品

 牛乳100mg、チーズ740mg、ヨーグルト110mg

大豆製品

 豆腐100mg、がんもどき270mg、油揚げ300mg

魚介類

 いわし100mg、さんま80mg、ひじき1400mg

野菜類

 小松菜290mg、かぶの葉200mg、しそ200mg

 

妊婦の方への歯科治療10ポイント

  1. ①妊婦の歯科治療がおこなえる時期

治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ行いましょう。

 

  1. ②母子健康手帳

妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。妊娠中の歯の状態のページをチェックすることができ、歯科医院側もあなたの妊娠中の健康状態がよくわかります。

 

③問診表
今、妊娠何ヶ月(何週目)か?産婦人科の主治医の先生は誰か?歯科治療に関するご希望、今の状態は?問診表になるべく詳しく記入してください。

 

④主訴
治療椅子に座った後、あなたの歯の状態をもう一度歯科医師に説明しましょう。そして、今あなたの歯がどういう状態でどういった治療が必要か詳しく歯科医師より説明を受けましょう。
よく納得してから治療を受けることが安心感につながります。

 

X線撮影(レントゲン)
防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽してX線撮影を受けましょう。小さいフィルムのデンタル写真が基本です。必要に応じて全体の写るパノラマ写真の撮影を行います。
防護エプロンをつければお腹の赤ちゃんへの影響はありません。
どうしても、心配な方は産婦人科の主治医の先生へ相談させて頂く場合があります。

 

治療時の体位
お腹の張り具合、個人差にもよりますが治療椅子をあまり倒しすぎないで楽な体位を取ってもらえるようリクエストして下さい。

 

⑦麻酔
歯科麻酔は局部麻酔です。通常量の使用では母子ともに全く影響はありません。リラックスして麻酔の処置を受けましょう。歯科医師は通常より痛みを与えない様に配慮します。
どうしても、心配な方は産婦人科の主治医の先生へ相談させて頂く場合があります。

 

⑧治療
妊娠中期にはほとんどの治療が可能です。ただし妊娠中の抜歯、ホワイトニングはしないことが多いです。詳細は歯科医師とよく相談しましょう。

 

⑨投薬
原則として妊娠中に投薬はしません。ただし痛みがひどい場合は我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、産婦人科の先生と相談した上で投薬することもあります。

 

⑩立ちくらみ、頻尿、つわり
妊娠中は急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたりトイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。治療椅子から立ち上がるときはゆっくり立ちましょう。また、トイレは我慢しないで治療中でもトイレに行きたいと言って下さい。つわりがひどい時も歯科医師に伝えて下さい。

 

産婦人科の先生からの歯科治療に対するアドバイス

①レントゲン撮影に関しては、腹部防護カバーを着用すれば、何枚撮影しても胎児には問題はありません

 

②抗生物質

ペニシリン系 (バラシリン・バカシル・ペングローブ等)

セフェム系 (トミロン・オラセフ・セフゾン等)

であれば使用しても問題はないです。
ペニシリン系、セフェム系製剤で無効又はアレルギーのある場合は、クラリシッド、クラリス等を使用しても問題はないです。

ニューキノロン系(バクシダール、オゼックス、タリビット) の使用しない方がよいです。

 

③鎮痛消炎薬

インダシン、ボルタレン、クリノリルは妊婦には投与禁忌です。

妊娠12週未満の場合は、カロナール

妊娠12週以降、28週未満の場合は、ロキソニン、バファリン、ナイキサン
妊娠28週以降の場合は、ソランタール
等を通常常用量、数日投与であれば差し支えありません。

 

④局所麻酔剤

キシロカイン3.6ml(カートリッジ2本)程度であれば、差支えありません。また抜歯を施行しも問題はありません。
36週以降は、分娩になると通院が中断することがあるので、配慮が必要になります。

 

 

※監修 医療法人至誠会 赤松病院 赤松 可得 先生
http://www.akamatsu.or.jp/