寺岡 康江 スタッフ紹介|なかむら歯科クリニック|福山市の歯科 歯医者

なかむら歯科クリニック twitter なかむら歯科クリニック facebook

NAKAMURA DENTAL CLINIC 皆様最幸(さいこう)の人生を送るために、健口(けんこう)と口福のお手伝いをします。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-084-982
院長・スタッフ紹介
はじめての方限定 かんたん24時間予約
メディア出演
日本の歯科100選に選ばれました
認定書PDF画像
池田ドクター紹介
山本ドクター紹介
土屋ドクター紹介
Clinic Information
Medical Information
精密義歯・入れ歯専門サイトはコチラ
アンケート公開
診療カレンダー
各種問い合わせ
facebook
おすすめデンタルケアグッズ
福山の歴史

寺岡 康江

一言メッセージ

皆様のお口の健康をお手伝いできるよう、せいいっぱい努めていきます。

 

 

 

 

 

自己紹介

1979年、福山で誕生しました、4人きょうだいの長女です。 父の転勤により関東で過ごしたことも数年ありますが、おおむね、この福山市で過ごしています。

人見知りの性格で、大勢の中で何かをするのが苦手なため、転校先での自己紹介などはとても緊張しました。自分から友達に声をかけるのも苦手だったので、居住地が落ち着いた3つ目の小学校で出会った今でも仲の良い友人は、わたしに最初に声をかけてくれた同級生です。

大学に入り、親元を離れて生活を始めたとき、一人でやっていけるだろうか、という気持ちと、まあ何とかなるだろうという気持ちの期待と不安が入り混じった心境で新生活をスタートしました。

大学での生活では今まで取り組んだことのなかったサークルに所属して、大学祭の実行委員を担うことにしました。サークルに入ったきっかけは、友人に誘われて…という何とも他人任せのスタートでしたが、思った以上に楽しくて、ハードな活動が待っていました。

大学祭の準備期間に入ると、授業の合間や、授業後に部室に集まって、ミーティングをしたり、イベント内容を考えたり、どうやったら学生や地域の方に楽しんでもらえるか意見を出し合って検討しました。

大学祭がいよいよ近づくとリハーサル、準備、片づけなどで当日も睡眠時間3時間未満で取り組みました。体力的にも精神的にもものすごくきつくて、同期の中から、最初の1年で「辞めたい」という声が多数出ていたにもかかわらず4年間続けられたのは、先輩・動機・後輩が支えあい、一丸となって大学祭に取り組んだおかげだと思います。

また、サークル内で食事に行ったり、遊びに行ったり、合宿をしたりと様々な形でコミュニケーションをとりやすい関係づくりができたのも継続の一因だと思います。

就職は大学のあった関西でしたいと思い活動しましたが、自分のしたいことがはっきりと描くことができず、的を絞れないまま苦労しましたが、地元に帰ってきたらという母の言葉で、福山の内科医院で勤務することになりました。

なれない窓口・電話対応や薬のこと、病気に対する検査のこと、事務処理のことなど色々な事を覚えるのは、命に関わることもあり、頭痛でふらふらするような毎日でしたが、地域の患者様ともだんだん顔なじみになり、気が付けば14年近くの歳月が流れていました。

そんな中いま一度、仕事のモチベーションの根幹は何だろうと考えたとき、それは患者様のありがとう、という言葉と笑顔でした。もっと、相手の安心や喜びにつながる働きを直接していきたいと思ったとき、なかむら歯科と出会いました。

院長を初め、スタッフ一人ひとりが各々、患者様のために何ができるだろうかと真剣に考えながら働き、丁寧に指導してくれる中、少しずつではありますが皆様のお役に立てるよう成長しているのではないかと思っています。

 

様々な岐路に立った時、自分にできるだろうかと悩むことも多いですが、振り返ると、やってみれば何とかなる!ということが多かったように思います。

何とかなる、というのは適当にしていてもどうにでもなる、ということではなく、失敗を繰り返しても、よりよくしていこうと工夫しながら取り組めば、その努力や工夫が形になっていく、ということです。形になるまでの時間は、人それぞれですが、自分を信用して、周りの人を信用して様々な考えや言葉を素直に取り入れていくと、前に進みやすいと感じています。

3年ほど前に友人の誘いでボルダリングを知り、1年半ほど定期的にジムに行っているのですが、体の動かし方が未だによく分からない私は「ゴールにたどり着けない!」「私にはその動きできない…!」と文句を言っては教えてくれるオーナーをあきれ顔にしているのですが、ぶつぶつ言いながらその動きをイメージしてやってみると、できないと思っていたことが案外「できた!笑」となることが多く、信じて挑戦するって大事だな、と今更ながらに感じています。

前職を振り返ったり、今取り組んでいるスポーツに思いを巡らせたりすると、できない!とできないことに目を向けてため息をついているときは一歩踏み出すのが怖いと感じているときのように思います。

なかむら歯科では、そんな思いに浸る前に「チャレンジしてみよう!」「寺岡さんならできますよ!」と、どんどん背中を押してくれるので、目まぐるしいスピードでいろんなことが進んでいきますが、自分の可能性を信じて日々学んでいきたいと思います。

そして、患者さまに「ここにきてよかった」と言っていただき、自分の歯の大切さを感じて、考えて頂くことができるように、心と心をつなぐトリートメントコーディネーターとなりたいと思いますので、患者さま、スタッフの皆様、どうぞよろしくお願いします。